ジェネリック医薬品について

同等成分が配合されている

ジェネリック医薬品について

正規品の半額以下で買える

ジェネリック医薬品って聞いた事がある人も多いでしょう。

CMなどでもまずは多くの医薬品メーカーがジェネリックというものを浸透させようとして多くのCMを流したことで、日本でもどんどん認知されてきていますし、病院でも基本はジェネリック医薬品を推奨されます。

そんなジェネリックってなんとなく知っているとか、医者が処方をするからそのまま流れで購入をしていると言う人も多いと思います。

またジェネリック医薬品は効果がないとか言う噂も流れていたりしていますよね。中には何も知らずに中身が効果のない薬だよって言う人も多いです。

ED治療薬にもジェネリック医薬品が出ています。

実際にジェネリック医薬品について一度詳しく把握したほうが良いと思います。

まず、ジェネリック医薬品と言うのは先に発売された新薬の特許が切れたことで他の医薬品メーカーでも製造・販売が認められたものを言います。ジェネリック(後発医薬品)です。

よく消費期限が切れたものを販売をしていると言うことを勘違いしている人もいますが、特許が切れたものです。

医薬品と言うのは新薬として認められたら独占的に20年近く販売することが認められています。

その独占販売期間が切れたことで販売が許されたのです。

そんなジェネリック医薬品は当然、さきに発売された先発医薬品と同等の成分が配合されています。

そのためジェネリック医薬品が効かないというのは誤った考えです。

ジェネリック医薬品と言えども特許が切れたから簡単に世の中に販売できると言うものではありません。

ジェネリック医薬品と言えども厳しい審査をクリアをして販売までに3年~5年かかります。

それでも新薬と比べると圧倒的に開発期間は短いですし、何よりも開発コストが少なくてすみます。

新薬を開発するとなると10年以上はかかりますし、それに伴って開発コストは100億円にまで上ることもあるようです。

それがジェネリック医薬品の場合は開発コストは約10分の1にまで下がります。

だからこそ先発医薬品と比べると半額以下の料金で購入することが出来るのです。

世界中でジェネリック医薬品が推進されています。

特に日本では国の医療制度によって国が負担する金額がかなり大きいこともあって問題視されているのです。

それをジェネリック医薬品ならば半分以下に出来るということもあって国も推奨しています。

ジェネリック医薬品が効かないと言うのは思い込みだったり、頑なに認めたくない人の意見だと思ってもらっていいでしょう。

利用者からしてみればジェネリック医薬品を使うことに抵抗がある人もまだまだいるのも事実ですが、しっかりとジェエリック医薬品について知ることが大事です。

各ED治療薬購入ページへ

レビトラ

レビトラ

最短15分で効いてくる即効性があり使いやすいのがレビトラです。

>>レビトラを今すぐ購入する<<

バイアグラ

バイアグラ

世界で始めて効果があると認めれたED治療薬がバイアグラです。

>>バイアグラを今すぐ購入する<<

シアリス

シアリス

最大36時間効果が持続して週末を乗り切れるのがシアリスです。

>>シアリスを今すぐ購入する<<

アバナ

アバナ

他のED治療薬の良いところを取り入れた最新の薬がアバナです。

アバナを今すぐ購入する