正しいED治療薬の服用方法

1日1回1錠まで

正しいED治療薬の服用方法

薬だからと楽観視しない

バイアグラをはじめとしたED治療薬によって多くの人が救われることとなりました。

特にバイアグラが誕生したことで“夢にまで見た薬”と称されるほどで世界中で利用者が多いのです。

効果が認めれた医薬品だからこそ世界中に瞬く間に広まったのです。

しかし、医薬品と言えども間違った服用をしてはいけません。

風邪薬だったり、鎮痛解熱剤のようにとりあえず服用しておけばいいという考えでいるととても危険です。

また効果をより味わいたいと言うことで過剰に服用してしまう人が多いです。

非常に危険な行為なので絶対に過剰に服用することは危険です。

基本的にED治療薬を始めて服用するときは病院でしっかりと説明を受けて服用することが望ましいです。

誤った服用をすると時には命の危険にまでさらされてしまいます。

ドラッグストアで販売されていないのにはそれだけ副作用があるからと思いましょう。まずはきちんとした薬としての情報を知った上で服用しましょう。

まず最初にED治療薬は1日1回1錠までです。

低容量の薬たとえば、レビトラの場合だったら【5mg・10mg・20mg】の3つの規格で販売されていますが、最初に10mg錠を服用して効果がいまいちだった時に10mg錠をもう1錠飲むのは問題ないですが、20mg錠を1日に2錠以上飲むのはやめてください。

というのもED治療薬は血管を拡張させて一気に血流を良くします。

高容量配合されたED治療薬を過剰に服用してしまうと血管が拡張されてすぎてしまい、一気に血圧が下がってしまい、めまいや貧血だけならばまだしも、心臓にまで負担がかかってしまい、最悪の場合命にも関わります。

絶対に過剰摂取だけはしないようにしましょう。

服用をする条件としては基本的にどのED治療薬でも空腹のほうが早く効果が現れて薬の効果も実感しやすいと言えるでしょう。

また食事を摂っても効果が現れるとされているのがシアリスやアバナではありますが、食べ過ぎてしまえばさすがに効果がありません。

800kcal以内で脂質が30%未満内に抑える必要があります。

また食事を摂ってしまった場合は最低でも食後2時間以内は服用しないようにしましょう。また中華料理などの油が多いものに関しては5時間以上は空けなくてはいけません。

その場合だと中々調整が出来なくなってしまいますよね。

ですので空腹時の状態で服用して2時間以上経てば十分に薬の効果は体内に行き渡りますのでその後でしたら普通に食事を摂っても大丈夫です。

食前後2時間は空けるというのとED治療薬を服用するとある程度決めている日に関しては脂っこい食べ物は控えるということとは覚えておきましょう。

また服用する際の飲み物に関してですが、基本的に、水・お茶・スポーツドリンク、そしてお酒も大丈夫です。

お酒に関しては血行の流れをよくなっている状態のためいつもよりも酔いやすくなってしまいますのでお酒が弱い人は控えるようにしましょう。

一緒に服用する際に気をつけて欲しいのがグレープフルーツをはじめとした柑橘類のジュースです。

グレープフルーツに含まれているフラノクマリン酸が薬物代謝酵素を阻害してしまう作用があります。

つまり薬の効果が強く出すぎてしまうと言う点です。

薬の効果が強く出るんだったら良いのでは?って思うかもしれませんが、薬の効果が強く出ると同じように副作用も強く出てしまいます。

日本人の体型であれば本来3規格で発売されている中の真ん中の容量で十分に効果が発揮されます。

レビトラであれば【5mg・10mg・20mg】の10mg錠で十分効果を発揮します。

楽しい性行為が出来るようにするためには副作用が無いほうがいいですよね。

あまり無理して薬の効果を得ようとするとその分辛い目にあってしまいますので気をつけましょう。

正しい服用方法を理解することで長く付き合っていけるのです。

各ED治療薬購入ページへ

レビトラ

レビトラ

最短15分で効いてくる即効性があり使いやすいのがレビトラです。

>>レビトラを今すぐ購入する<<

バイアグラ

バイアグラ

世界で始めて効果があると認めれたED治療薬がバイアグラです。

>>バイアグラを今すぐ購入する<<

シアリス

シアリス

最大36時間効果が持続して週末を乗り切れるのがシアリスです。

>>シアリスを今すぐ購入する<<

アバナ

アバナ

他のED治療薬の良いところを取り入れた最新の薬がアバナです。

アバナを今すぐ購入する