アバナについて

世界中で発売されている

アバナについて

主成分アバナフィル

日本で処方されているED治療薬はバイアグラ・レビトラ・シアリスの3つです。

またこの3つのED治療薬を三大ED治療薬と称されることもあるほど、日本だけではなくて世界中で知名度があります。

しかし、医学の進歩と言うのは日々成長をしていっています。

そしてED治療薬も当然新しい薬と言うのは開発されているのです。

日本では認可されていないためあまり知名度は高くはないですが、これから先どんどん利用者が増えていくのが予想されるのが主成分アバナフィルを配合したステンドラです。

このステンドラの主成分アバナフィルは元々日本の製薬会社である、田辺三菱製薬が、即効性があり副作用の少ないED治療薬として開発を進めていました。

そこから2001年2月に日本及び一部アジアを除く全世界での製造・販売権をVivus社に譲渡されたのです。その後2012年4月にアメリカでFDA(アメリカ食品医薬品局)の承認を受け、正式に販売が開始されました。

4番目に発売されたED治療薬として第4のED治療薬として世界各国で発売されています。

FDAというのはあまり効きなれないかもしれませんが、アメリカにおける食品や医薬品、化粧品、医療機器など様々な製品、消費者が日常的に使うものまで幅広く許可をし、逆に取締りをするところでもあります。

日本で言うところの厚労省にあたります。

つまりしっかりとした許可が下りて販売されている医薬品と言うことが分かります。

アメリカで発売されてからは欧州や韓国などでも販売されています。

日本の厚労省は正直に言って認可が下りるまでは非常に遅いです。

他の先進国では発売されているのにも関わらず、かなり遅くれています。

他の国では最新の薬が出ているのにも関わらず、日本では10年前の薬が当たり前のように使われています。もちろん10年前の薬が悪いと言うわけではなくて、世界中で発売されて効果が実証されているにも関わらず、それでも開きがあるのです。

携帯で考えてみればいかに開きがあるのかが分かると思います。

そして日本では認可されていないステンドラですが、海外ではジェネリック医薬品も発売されています。

それがアバナなんです。

もうすでにステンドラよりもアバナのほうが日本では利用されていることでしょう。

同等の成分が配合されていながら安く手に入るのであればまずはお試しで購入しようと思ったら誰もがアバナに手を出しますよね。

そんなアバナの特徴ですが、他のED治療薬の良い所取りだと思っておいたほうがいいでしょう。

レビトラと同じように即効性があり、シアリスのように食事の影響を受けづらく、副作用も少ないと言われています。

レビトラとシアリスの良いところを組み合わせたようなED治療薬というのはレビトラは食事の影響を受けやすくてどうしても食べてしまうという人からしてみればありがたいと思います。

薬の効果時間は大体5時間程度でバイアグラと同等の作用時間です。

薬の効果が早く収まって欲しいと思っている人にも使い勝手がいいかもしれません。

でも日本で認可されていないんでしょ?って思って不安に思っている人もいるかもしれませんが、これまでに発売されているED治療薬と言うのは全て海外で発売されて日本で発売されるにあたって特に変わったところはありません。

また同じアジアの隣国の韓国でもう発売されているわけですから特に問題なことは分かると思います。

むしろ問題があったらその国の機関が販売はしていないはずです。

安心して利用することが出来るので興味があればまずはジェネリック医薬品のアバナを試しに購入してみて自分に合うかどうかを確認してみましょう。

日本で販売されていないのでどうしても不安に思ってしまったり、名前が知られていないため使うのに抵抗があるかもしれませんが、非常に使いやすいので試す価値はきっとあると思います。

各ED治療薬購入ページへ

レビトラ

レビトラ

最短15分で効いてくる即効性があり使いやすいのがレビトラです。

>>レビトラを今すぐ購入する<<

バイアグラ

バイアグラ

世界で始めて効果があると認めれたED治療薬がバイアグラです。

>>バイアグラを今すぐ購入する<<

シアリス

シアリス

最大36時間効果が持続して週末を乗り切れるのがシアリスです。

>>シアリスを今すぐ購入する<<

アバナ

アバナ

他のED治療薬の良いところを取り入れた最新の薬がアバナです。

アバナを今すぐ購入する